安全性評価認定制度

宇和島自動車は三ツ星認定を受けておりますので安心です

当社は、2016年9月29日、貸切バス事業者安全性評価認定制度に基づく最上位の評価である三ツ星「★★★」認定を受けました。

「SAFETY BUS」のシンボルマークは、お客さまが安心してバス会社を選択しご利用できるよう、安全に対する取組が優良なバス会社のみ取得できるシンボルマークです。

「SAFETY BUS」(セーフティバス)は、安全性に対する取り組みを努め続けている貸切バスを意味しています。
当社の乗務員の安全運行に対するたゆまぬ努力の結果、厳しい審査をパスし、最高ランク「三ツ星」の取得に至りました。

【さらなる安全性を目指してキャリアアップ】
この制度は、安全性・安全の確保に向けた取組状況について評価認定を行い、評価を星の数で公表します。
・2年ごとの認定審査の際、取組状況により「★」が追加されます。
・最高は三ツ星「★★★」が与えられます。
・訪問審査による現地確認があります。
・有効期限は二年間の更新制です。

【一ツ星】・・・初申請は、合計点数が60点以上で確定

一ツ星「★」からスタート
安全確保への取組みが優秀な貸切バス事業者が認定を受けられる

【二ツ星】・・・「一ツ星」から80点以上でアップ!

・一ツ星の認定を2年間継続していること
・書類審査の得点が100点満点中80点以上であること
高いレベルでの安全確保への取組を持続している貸切バス事業者が認定を受けられる

【三ツ星】・・・「二ツ星」から80点以上で最高ランクへ!!

・二ツ星の認定を2年間継続していること
・書類審査の得点が100点満点中80点以上であること
高いレベルでの安全確保への取組を持続している貸切バス事業者が認定を受けられる

貸切バス事業者安全性評価認定制度とは

貸切バス事業者の安全性の確保に向けた取組状況を評価・公表することで、貸切バスの利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくするとともに、本制度の実施を通じ、貸切バス事業者の安全性の確保に向けた意識の向上や取組の促進を図り、より安全な貸切バスサービスの提供に寄与することを目的に、日本バス協会が実施しています。

詳しくは公益社団法人日本バス協会「貸切バス事業者安全性評価認定制度」のページも御覧ください。

貸切バス認定事業者安全性評価認定制度

評価認定制度を受ける条件は

  • 事業許可取得後3年以上経過していること。
  • 安全性に対する取組状況における法令遵守事項に関する違反がないこと。
  • 過去2年間に、有責の第一当事者となる自動車事故報告規則第2条第3号に規定する事故(以下「死傷事故」という)が発生していないこと。
  • 過去1年間に、10人以上の負傷者を生じた事故で負傷の程度が著しい(注1)場合が発生していないこと。
  • 過去1年間に、有責の第一当事者となる自動車事故報告規則第2条第1号に規定する事故又は悪質な法令違反による運行等(以下「悪質違反による運行等」注2という)が発生していないこと。
  • 過去1年間に、1営業所1回当たり50日車を超える行政処分(平成28年11月30日以前に行われた監査の結果による場合は、1営業所1回当たり30日車以上の行政処分)を受けていないこと。
  • 過去に認定取り消しを受けた際の欠格期間に該当していないこと。

(注1) 10 人以上の負傷者を生じた事故で「負傷の程度が著しい場合」に該当するもの
    → 1日で治療を完了する者は除き、2日以上通院する。
(注2)「悪質違反による運行等」に該当するもの
    → 飲酒、酒気帯び、無免許、無資格、居眠り、危険運転、危険ドラッグ等薬物の乱用、救護義務違反、等
※ 申請条件(1)~(7)は全て貸切バス事業に係るものを対象とします。

宇和島バスの安全・安心への取り組みはこちらから

宇和島バスの安全・安心への取り組み